全般 オンラインカジノの知識

閉鎖・撤退するかもしれないオンラインカジノの特徴5選!

2022年2月19日

閉鎖・撤退するかもしれないオンラインカジノの特徴5選!

こんにちは、ぎゃばいばる生活をしているぽたです。

悩んでいる人
閉鎖・撤退するかもしれないオンラインカジノ(オンカジ)って分かるものなの?

この記事は、このような疑問を持っている読者に向けて書いていきます。

この記事で分かること

  • 閉鎖・撤退するかもしれないオンラインカジノの特徴5選
  • 閉鎖・撤退したオンラインカジノ4選
  • オンラインカジノが閉鎖・撤退した後の流れ
  • 運営歴が長く安定感のあるオンラインカジノ5選

ちなみに、この記事を書いている僕のオンラインカジノ歴は1年半。

ギャンブル歴は17年です。

閉鎖・撤退するかもしれないオンラインカジノの特徴5選!

閉鎖・撤退するかもしれないオンラインカジノの特徴5選!

閉鎖・撤退するかもしれないオンラインカジノの特徴は下記の通りです。

閉鎖・撤退するかもしれないオンラインカジノの特徴5選

  • 入金不要ボーナスが超好条件
  • プロモーションが強すぎる
  • 出金上限額が低い
  • 出金の遅延や出金拒否が増えている
  • 悪評が目立っている

それぞれ解説します。

入金不要ボーナスが超好条件

まずは、入金不要ボーナスが超好条件のオンラインカジノは、ちょい警戒したほうがいいかもです。

なぜなら、ボーナスだけしか利用しない「ボーナスアビューザー」が増えるからです。

実際に、閉鎖・撤退したマネキャッシュや歓楽チュアリーの入金不要ボーナスは、超好条件でした。

メモ

マネキャッシュの入金不要ボーナスは25ドル+フリースピン25回で、賭け条件20倍。
歓楽チュアリーの入金不要ボーナスは55ドルで、賭け条件は30倍でした。

で、上記のオンラインカジノは「入金率が約5%」と低かったです。(当ブログからの登録者調べ)

つまり、ほとんどがボーナスアビューザーでした。
>>ボーナスアビューザーとは【2種類のペナルティあり】

プロモーションが強すぎる

あとは、プロモーションが強すぎるオンラインカジノもちょい警戒ですね。

こちらも歓楽チュアリーを例に挙げますが、

  • 初回入金ボーナスは最大1.000ドルまでの200%ボーナス(賭け条件30倍)
  • 初回入金限定で50%キャッシュバックもあり
  • リベートボーナスはスロット0.6%~1.6%、ライブカジノ0.4%~1.1%

等々、超ゴージャス仕様。

ぶっちゃけ、どのオンラインカジノも真似できないレベルのプロモーションです。

で、実際当ブログから登録した人たちは、2ヶ月で合計17.000ドル(日本円で約195万円)ほど勝っていました。
その他、プレイヤー側が勝っている情報は聞いていたので、結構な赤字が続いていたと思います。

赤字が続けば、当然、オンラインカジノ側は運営が厳しくなっていきます。まあ、自業自得なのですが、、、。
ぽた

出金上限額が低い

また、出金上限額が低いのも、怖いかなと思っています。

なぜなら、少額入金者が増えるからです。

実際、マネキャッシュの出金上限額は500ドルと、あり得ないくらい低かったです。

で、大勝ちしても500ドルまでしか出金できないため、がっつり入金するプレイヤーが少ない、、、。

マネキャッシュサイト内の「勝利金ランキング」も、100ドル未満の少額勝利が目立っていました。

当然、オンラインカジノ側も儲けが少なくなり、閉鎖・撤退の可能性も高くなっていきます。
ぽた

出金の遅延や出金拒否が増えている

また、オンラインカジノ側の経営が悪化してくると、徐々に「出金遅延」や「出金拒否」が増えてきます。

歓楽チュアリーも、閉鎖3週間前ほどから、徐々に「出金遅延」が増えてきているようでした。

ちなみに「出金遅延」や「出金拒否」情報は、ネットで調べると、なんとなく分かります。

入金する前に、一度情報をチェックしておくといいかもしれません。

悪評が目立ってきている

で、「出金遅延」や「出金拒否」が増えてくると、悪評も目立ってきます。

チャットサポートも不誠実さが目立つようになり、不満の声も上がってくるようになります。

メモ

ちなみに、僕のレビュー記事では、こういった「悪評」も拾うようにしています。
とはいえ、時間が経つにつれて、悪評が増えてくることもあり、「リアルタイム」の発信は無理です。

このあたりは、SNSや掲示板などのほうが、フレッシュな情報が拾いやすいかもしれません。
>>オンラインカジノは評判が一番大事!【嘘にはご注意を!】

とはいえ、判断は難しい【知っておくだけでOK】

とはいえ、判断は難しいです。

前述した特徴があるオンラインカジノも、必ず撤退・閉鎖するわけではありません。

むしろ、長年運営しているオンラインカジノも普通にあります。

ただ、「知らない」のと「知っている」のとでは、結構違うかなと。

知っておくだけで、間違いなく自己防衛には繋がります。

警戒しすぎるのもそれはそれで問題

また、警戒しすぎるのも、それはそれで問題かなと。

というのも、入金不要ボーナスやプロモーションが強いオンラインカジノは勝ちやすいのも事実なので。

このあたりは、「バランス感覚」も大事かなと思います。

「まずは、少額入金からスタートして、信頼できそうなら入金額を上げていく」とかですね。

ちなみに、僕の場合は、上記のパターンが多いです。
ブログもやっているので、「人柱」として、怪しいオンラインカジノにもガンガン突入しています。

なにかトラブルが起きても、それはそれで読者に注意喚起できるのでいいかなと。
ぽた

実際に閉鎖・撤退したオンラインカジノ【1年で3~6ペース?】

実際に閉鎖・撤退したオンラインカジノ【1年で3~6ペース?】

実際に閉鎖・撤退したオンラインカジノは下記の通りです。

実際に閉鎖・撤退したオンラインカジノ

  • 歓楽チュアリー
  • マネキャッシュ
  • 横綱カジノ
  • カジノエックス・ジョイカジノ

ちなみに、僕のオンラインカジノ歴は1年半です。

1年で超マイナーカジノも含めて、3~6くらいオンラインカジノが、日本市場を撤退している感じですかね。

歓楽チュアリー

歓楽チュアリー

歓楽チュアリーは2022年1月に閉鎖・撤退が決定しました。

理由は不明ですが、僕的には儲からなかったのかなと思っています。

前述のように、サービス開始直後からプロモーションが鬼強だったので、、、。
なので、僕もレビュー記事では、「遊ぶなら今のうち」と書きました。

メモ

実際に、200%初回入金ボーナスで抜かれ過ぎたのか2022年1月に停止。
キャッシュバックに変更しています。

ただ、去り際が最悪でして、、、。

最後は「出金遅延」が続き、連絡も取れないまま、ツイッターで突如「撤退宣言」みたいな感じでした。

メモ

現在は、徐々に出金手続きが行われているようです。

正直、こんなひどい撤退・閉鎖をするとは思っていませんでした。直前に登録した人には、申し訳ないことをしてしまいました。
ぽた

マネキャッシュ

マネキャッシュ

マネキャッシュは、2021年11月に閉鎖・撤退しました。

こちらも理由は不明ですが、やはり儲からなかったのかなと思います。

前述のように、「超好条件の入金不要ボーナス」、「低すぎる出金上限」、このあたりが原因かなと思っています。

ちなみに、マネキャッシュの閉鎖・撤退を知ったときはかなりショックでした、、、。

というのも、閉鎖・撤退の2週間前に、担当者と特別オファーについてやりとりしていたんです。
僕も「好条件の初回入金ボーナスを紹介できる」と思っており、楽しみにしていました。

オンラインカジノの撤退・閉鎖は突如決まります、、、。

トップが独断で決めているのかもしれませんね。

横綱カジノ

横綱カジノは、2021年6月に閉鎖・撤退しました。

理由は不明ですが、撤退・閉鎖の流れはこんな感じでした。

横綱カジノの閉鎖・撤退の流れ

  1. 2021年5月に突如サイト閉鎖
  2. 2021年6月にサイト復活
  3. しばらくして再びサイト閉鎖

なんの告知もなく、こんな感じだったので、当時はかなり困惑するプレイヤーが多かったです。

そして、業界に初めて「夜逃げ」というワードが生まれた事件でもありました。

とはいえ、元々「出金遅延」や「出金拒否」など、悪評が出ていたので、「やっぱり、、、」という感じでしたが、、、。

カジノエックス・ジョイカジノ

カジノエックス・ジョイカジノは、2021年6月に閉鎖・撤退が決定。

理由は、「系列のボンズカジノの運営に力を入れていく」というものでした。

メモ

実際に、現在、ボンズカジノはかなり知名度のあるオンラインカジノ成長しています。

とはいえ、当時は、カジノエックス、ジョイカジノのほうが知名度は上。

「なぜボンズカジノではなく、カジノエックス・ジョイカジノが閉鎖?」という疑問がありましたね。

オンラインカジノが閉鎖・撤退する時の流れ【大きく分けて2パターン】

オンラインカジノが閉鎖・撤退する時の流れ【大きく分けて2パターン】

オンラインカジノが閉鎖・撤退する時の流れは、大きく分けて2パターンあります。

オンラインカジノが閉鎖・撤退する時の流れ

  • 閉鎖・撤退の約2ヶ月~4ヶ月前に連絡が来る
  • 突如、閉鎖・撤退する

それぞれ解説します。

閉鎖・撤退の約2ヶ月~4ヶ月前に連絡が来る

ほとんどの場合、閉鎖・撤退の約2ヶ月~4ヶ月前にメールで連絡が来ます。

ちなみに、系列カジノと合併する場合は、アカウントとキャッシュも移動できることが多いです。

ただ、完全に閉鎖・撤退する場合は、アカウント内のキャッシュも出金できなくなります。

ということで、定期的にメールはチェックしておいたほうがいいですね。

突如、閉鎖・撤退する

また、突如、閉鎖・撤退するパターンもあります。

前述の横綱カジノが、まさにこのパターンでした。

やはり、「出金遅延」や「出金拒否」の噂が出ているオンラインカジノは怖いです。

悪評が目立つオンラインカジノは、スルー推奨です。
ぽた

運営歴が長く安定感のあるオンラインカジノ5選

運営歴が長く安定感のあるオンラインカジノ5選

閉鎖・撤退するかもしれないオンラインカジノで遊ぶのは嫌ですよね。

ということで、安心して遊びたい人は、運営歴が長く安定感のあるオンラインカジノがおすすめです。

カジノ名入金不要ボーナス
ベラジョンカジノのロゴ
ベラジョンカジノ
30ドル
インターカジノのロゴ
インターカジノ
30ドル
エルドアカジノのロゴ
エルドアカジノ
3.000円
ラッキーニッキーのロゴ
ラッキーニッキー
30ドル
ミスティーノのロゴ
ミスティーノ
10ドル+3日連続無料フリースピン

上記の通りですね。

それぞれ解説します。

ベラジョンカジノ


ベラジョンカジノ

運営開始2010年~
入金不要ボーナス当ブログからの登録で30ドルプレゼント

ベラジョンカジノは、日本で一番人気のあるオンラインカジノです。

ちなみに、親会社が上場してまして、資金力・信頼性も文句なしです。

僕が一番初めに登録したオンライカジノでもあり、今でもよく遊んでいますよ。

インターカジノ


インターカジノ

運営開始1996年~
入金不要ボーナス当ブログからの登録で30ドルプレゼント

インターカジノは、ベラジョンカジノの姉妹カジノです。

なんと、創業は1996年と、業界の中でも最古の歴史があります。

ネットが普及する前から大きなトラブルもなく運営しており、信頼性も抜群ですよ。

エルドアカジノ


エルドアカジノ

運営開始2016年~
入金不要ボーナス当ブログからの登録時にプロモーションコード【3000CHIP】入力で3.000円プレゼント

エルドアカジノ(旧パイザカジノ)は、ライブカジノNO1のオンラインカジノです。

驚くことに、入出金上限額が無制限で、さらに高額出金時も爆速で着金します。

莫大な資金力があり、信じられないような期間限定プロモーションも度々開催されますよ。

ラッキーニッキー


ラッキーニッキー

運営開始2017年~
入金不要ボーナス当ブログからの登録で30ドルプレゼント

ラッキーニッキーは、プロモーションが熱いオンラインカジノです。

毎日開催される「日替わりプロモ」の他、定期的に開催される期間限定プロモーションは毎回話題になります。

「ラッキーニッキーの中の人」と電話で話したことがあるのですが、とても良い人で、僕も信頼しています。

ミスティーノ


ミスティーノ

運営開始2020年~
入金不要ボーナス当ブログからの登録で10ドル+3日連続無料フリースピンプレゼント

ミスティーノは、未経験者・初心者に優しいオンラインカジノです。

具体的には、ボーナスやフリースピンの賭け条件が全て1倍で、分かりやすい仕様になっています。

運営開始は2020年ですが、無料お試し版の「ミスティーノフリー」は、橋本マナミさんや松井珠理奈さんが宣伝中です。

大きなトラブルが起きたら、有名人や芸能人にもヘイトが行くでしょうし、ある意味「安心して遊べるかな」と思っています。

まとめ

繰り返しになりますが、撤退・閉鎖しそうなオンラインカジノには特徴があります。

入金不要ボーナスが超好条件だったり、プロモーションが鬼強い場合は、ちょい警戒したほうがいいかもです。

ただ、あまりに警戒しすぎると、「勝てるチャンス」を見逃すことになります。

なので、「バランス感覚」も大事ですね。

とりあえず「出金遅延」や「出金拒否」が続き、悪評が目立つ場合は、スルー推奨です。

マジでフラグ立っていることが多すぎです。

-全般, オンラインカジノの知識

© 2022 カジ通 Powered by AFFINGER5