オンラインカジノの知識

オンラインカジノはイカサマばかり?【結論:あり得ません】

2020年7月2日

オンラインカジノはイカサマばかり?【結論:あり得ません】
悩んでいる人
オンラインカジノってあり得ないことが起こりまくっているしイカサマだろ?
ネットだしライブカジノだって正面からの映像しか映していないからやりたい放題だよな?

本記事は、このような悩みや疑いを持った人に向けた記事です。

この記事を書いている僕のギャンブル歴は16年です。

この記事を読むことで、オンラインカジノのイカサマ疑惑が解決するかと思います。

信頼できる有名なオンラインカジノで遊ぼう

信頼できる有名なオンラインカジノで遊ぼう

結論から先に言うと、信頼できる有名なオンラインカジノで遊ぶようにすれば、イカサマの心配はありません。

なぜなら、イカサマできないようになっているからです。

運営にはライセンスが必要

オンラインカジノを運営するには、ライセンスが必要です。

例えばベラジョンカジノのライセンスは、審査が厳しい「マルタ共和国」で取得しています。

ベラジョンカジノのライセンス
(画像引用元 mga)

仮にベラジョンカジノがイカサマしたのがバレたら、ライセンスを出したマルタ共和国にも傷が付きますよね。

RNGはいじれない

また、このようにライセンスを取得しているオンラインカジノには、「RNG」という「乱数発生装置」が入っています。

RNGが入っているおかげで、乱数が発生し、長い目で見て確率通りに収束するようになっています。

例を上げると、スロットで8回のフリースピンが終了したとします。

その次のゲームで、もう一度フリースピンが当たる確率は、通常ゲーム時と変わらないということですね。

常に確率は同じで、オンラインカジノ側ではいじれないということです。

オンラインカジノ側にイカサマするメリットがない

オンラインカジノ側にイカサマするメリットがない

とは言っても、

悩んでいる人
ライセンス取得していたってスロットとか不正してもバレないじゃん!ライブカジノだって正面から映しているだけだしやりたい放題でしょ?

と思う人もいると思います。

ただ、そもそもオンラインカジノ側がイカサマをするメリットってなくないですかね?

膨大な数の顧客を失いかねない

例えば、ベラジョンカジノだけでも、2020年4月には、約1500万人のアクセスがあります。

これは、ベラジョンカジノサイトトップだけ訪問して直帰した人も含めてのアクセスも入っているかと思いますが、これだけアクセスされていることから、日本でもかなりのプレイヤーがいることが予想できるかと思います。

また合計で約6500万回もアクセスされており、多くのリピーター(ファン)が付いているのが分かるかと思います。

ベラジョンカジノ月間プレイ人口
これでもしイカサマしているのがバレたら、たくさんの人の信頼を失うわけですよね。

それこそ、今はネットがあるおかげで、不正なんかしたら速攻で広まる時代です。

信頼を築き上げるのは大変ですが、信頼を失うのは一瞬ですからね。

控えめにいって、ベラジョンカジノは終わりだと思います。

ただでさえ儲かっているのに、イカサマをしてリスクを犯すことが、そもそもリスクありすぎじゃないですかね。

ネットだからこそイカサマできない

あと、リアルタイムのライブカジノなんかだと、映像を映しているのは、ひとつのオンラインカジノだけじゃありません。

例えば、ブラックジャックやルーレットなんかは、ベラジョンカジノやエンパイアカジノでも、同じ映像が流れています。

さらに、ネットなので、全世界に向けて配信されていて、録画なんかもできちゃうわけです。

よく、YouTubeやニコニコ動画で、オンラインカジノ配信している人いますよね。

ネットだからこそ、証拠が残りやすいんですよね。

正面からしか映っていないとはいえ、イカサマなんて、リスキーなことしますかね。

僕は証拠が残りやすいネットだからこそ、イカサマできないと思いますよ。

オンラインカジノに限らずギャンブルはあり得ないことが起きる

オンラインカジノに限らずギャンブルはあり得ないことが起きる

とはいえ、一番イカサマが疑われるのは、こういった理由かと思います。

  • 「バカラで高い金額賭け始めたとたんにダメになった」
  • 「明らかに不自然な力が働いている」
  • 「サーバーが遅延しまくりだしその間に何かやってるだろ」
  • 「ランドはないと思うがオンカジはある」

多かれ少なかれ誰もがあり得ないことを経験しているから、イカサマを疑うのではないでしょうか。

確かに、疑心暗鬼になる気持ちはとてもよく分かります・・・。

僕もあるスロットを1ベット0.1$で遊んでいたところ、うまい具合にフリースピンがハマり大勝。

そこで「勝った分使いきるまで」と、1ベット1$に変えたところ、別の台になったみたいに何も当たらず全ノマレしました。

ただ、だからといって「オンラインカジノ=イカサマ」とは、まったく思わなかったです。
ぽた

というのも、オンラインカジノ限らず、ギャンブルはわりとあり得ないことが起こるからです。

1日10万負けたことも

僕はパチスロも打ちます。

昔「島唄」という台があったのですが、ある条件を満たした状態で、BIGボーナスが当たるまで打つと、かなり期待値が取れたんですよね。

ただ、「BIGボーナスが当たるまで」が絶対条件で、それまではどんなにハマろうが、どんなにバケを引こうが、打ち続けなければなりませんでした。

そして波が荒いので、あまり狙う人もいなかったんですよね。

そんな中、僕はわりと美味しい思いをしていたので、いつも通りに打ち始めたわけです。

たしか期待値は5000円くらいあったと思います。

で、結論から言うと、一向にBIGボーナスが引けない・・・。

結局投資は3万、5万と膨れ上がり、10万を超えたところで、ようやくBIGボーナスが引けました。

もちろん負けです。
ぽた

で、その後「鬼浜」という台で、3000円ほどの期待値を取りにいったのですが負け。

本来ならば、5000円+3000円で、8000円勝ちの行動をしたにも関わらず、1日で10万負けました。

2日で20万以上持って行かれたことも

またもやパチスロの話で申し訳ないのですが、ミリオンゴッドとアナザーゴッドハーデスという台で、期待値稼働していた時の話です。

この2機種は波が荒い台で有名なのですが、ガンガン攻めていた時期がありました。

で、なぜかこの日は投資が止まらない。

そして当たっても単発。

結局1日に10万ほど負けました。

で、翌日また懲りずにパチ屋に行って狙ったんですよね。

そしてこの日もなぜか投資が止まらず、単発ばかり。

結局10万以上負けてしまい、2日トータルで20万以上負けました。

4万ほど期待値稼働をしたにも関わらずです。

嘘っぽく思えると思いますが本当の話です。

その日ばかりは、何かに取り憑かれていると思いましたね。

まとめ:安全なオンラインカジノの条件

まとめ:安全なオンラインカジノの条件

オンラインカジノに限らず、どんなギャンブルでも、いずれ「あり得ないこと」が起こります。

なのでイカサマを疑うのではなく、「確率のうち」と考えたほうが、疑心暗鬼にならずに済むかなと思います。

そして信頼できる安全なオンラインカジノで遊ぶようにすれば、イカサマを疑うこともないと思います。

安全なオンラインカジノの条件は下記の通りです。

  • ライセンスを持っていること(特にジブラルタル・マルタ・キャラソー各政府)
  • 第三者期間の監査を受けていること(eCOGRA、TST、GLI)
  • 信頼性の高いソフトウェアを導入していること(playtech、Microgaming、NETENT)

このブログで紹介していくオンラインカジノは、僕が実際にプレイして安全性を確かめたものなので、ご安心ください。

>>【2022最新】おすすめのオンラインカジノ一覧【ボーナスあり】

とはいえ、オンラインカジノ、またはギャンブルにとおいて、100%イカサマではないことを証明するのは不可能なので、疑問が解決しない人は「オンラインカジノ、ギャンブルをやらない」のもアリかなと思います。

イカサマだと思って遊んでも楽しくないですからね。

-オンラインカジノの知識

© 2022 カジ通 Powered by AFFINGER5