ギャンブル

各ギャンブルの還元率を全公開【裏情報あり】

各ギャンブルの還元率を全公開【裏情報あり】

こんにちは、ぎゃばいばる生活をしているぽたです。

悩んでいる人
各ギャンブルの還元率が知りたい。

この記事は、このような疑問を持っている読者に向けて書いていきます。

この記事で分かること

  • 各ギャンブルの還元率
  • 各ギャンブルの利用者数
  • 公営ギャンブルの裏情報

ちなみに、この記事を書いている僕のギャンブル歴は18年です。

特に、競馬、パチスロ、オンラインカジノが好きで遊んでいます。

目次

ギャンブルにおける還元率とは

ギャンブルにおける還元率とは

還元率とは、賭けに対する払い戻し額の割合のことです。

払い戻し額÷賭け額×100で算出可能

還元率は、「払い戻し額÷賭け額×100」で算出できます。

例えば、10.000円賭けて8.000円払い戻しされるギャンブルがあるとします。

この場合、

8.000円÷10.000円×100=80

となり、還元率は80%となります。

100%を超えることはない

還元率が100%を超えることはありません。

なぜなら、運営側が赤字になってしまうからです。

運営側も「ビジネス」として、ギャンブルを開催しています。週単位、月単位、年単位で予算が組まれており、きちんと利益が出るように計算して開催しています。

とはいえ例外あり

とはいえ例外もありまして、条件次第で還元率が100%を超える時もあります。

なぜなら、回収してばかりでは、客が飛んでしまうからです。

例えば、パチスロの設定6は、ペイアウトが108%~115%ほどあります。ホールは、定期的に設定6を用意して、客にも勝ってもらうようにしています。

また、オンラインカジノでは、入金額がそのまま返ってくるプロモーションが開催されることもあります。例えば、100ドル入金して負けたら、100ドルがそのまま返ってくる感じです。還元率は不明ですが、まあ負けませんよね。

控除率(ハウスエッジ)は賭けに対して運営側が儲ける割合のこと

還元率とよくセットで使われる言葉に「排除率(ハウスエッジ)」があります。

排除率とは、賭けに対して運営側が儲ける割合のことです。

例えば、還元率80%のギャンブルでは、控除率は20%になります。

一応、覚えておくといいかもです。
ぽた

各ギャンブルの還元率を全公開

各ギャンブルの還元率を全公開

各ギャンブルの還元率は以下の通りです。

ギャンブル還元率
宝くじ50%
競馬、競輪、競艇、オートレース、ボートレース75%
パチンコ、パチスロ85%
オンラインカジノ98%

宝くじが一番低い【賭け額の半分しか戻ってこない】

還元率が一番低いギャンブルは宝くじです。

還元率は50%なので、賭け額の半分しか戻ってきません。

地域の活性化や公共事業などに使われる

宝くじの還元率が低いのは、儲けを地域活性化や公共事業などに使うためです。

一般財団法人自治総合センターでは、宝くじの社会貢献広報事業として、地域社会の健全な発展と住民福祉向上のため、地域コミュニティ活動に対する助成を行っています。(引用元 新潟県燕市HP)

一例をあげると、福祉施設や公園、防災資材の整備などですね。

実際やってみるとほとんど全損する

宝くじ、やったことありますかね?実際、やってみるとほとんど全損します。

僕の友人は、宝くじが好きで毎年買っていますが、これまで信じられないくらい負けていますよ。

ただ、「万が一当たったら億万長者だ。夢を買う」と言って買い続けています。

気持ちは分かりますが、還元率50%と知ってしまうと、僕は買う気が起きません、、、。
ぽた

オンラインカジノが一番高い【ほとんど戻ってくる】

還元率が一番高いギャンブルはオンラインカジノです。

還元率は98%なので、賭け額のほとんどが戻ってくる計算になります。

固定費がほとんどかからない

オンラインカジノの還元率が高い理由は、固定費がほとんどかからないからです。

オンラインカジノでかかる経費は、ドメイン代、サーバー代、台の使用料、サポートスタッフの人件費くらい。

固定費がかからない分、客側に還元できる感じです。

実際やってみるとちょくちょく大勝ちできる

語弊があるかもですが、実際やってみるとちょくちょく大勝ちできることもあります。

ベット額にもよりますが、数十分で20万~30万ほど返ってくることもありますよ。

オンラインカジノスロットのプレイ画像

オンラインカジノスロットのプレイ画像

さらに、宝くじの一等クラスの賞金がもらえるジャックポットもあります。

ジャックポットに当選すると、数千万、数億の賞金がもらえるので夢はありますね。
>>【桁違い】オンラインカジノの高額配当トップ10を紹介!

公営ギャンブルの還元率が低い理由【裏事情】

公営ギャンブルの還元率が低い理由【裏事情】

気付きましたかね?実は、宝くじや競馬など、公営ギャンブルの還元率が低いことに、、、。

実は、公営ギャンブルは、売り上げの10%を国の取り分にしなければいけない決まりがあります。

【具体例】競馬の運営側(JRA)の取り分は15%

具体例を出しますね。

競馬の排除率は25%です。そのうち、10%が国の取り分になります。残りの15%が競馬の運営側(JRA)の取り分になる感じですね。

意外と競馬の運営側(JRA)の取り分は少ないんです。
ぽた

還元率75%が限界かも

そう考えると、公営ギャンブルは、還元率75%が限界かもしれませんね。

なぜなら、これ以上下げると儲けが出なくなる可能性があるからです。

競馬は公営ギャンブルの中でも、まだマシなので、納得するしかないのかもしれません。

むしろ公営ギャンブルにならないほうがいいのかも

ちなみに、パチンコ、パチスロは民間ギャンブルです。

オンラインカジノも、海外では公営ギャンブルですが、日本ではまだ法律がありません。

とはいえ、もしパチンコ、パチスロ、オンラインカジノが公営ギャンブルになると、売り上げの10%が国の取り分になります。

そうなると、還元率も下げざる得ないでしょうね、、、。

うーん、僕的にはむしろ「公営ギャンブルにならないでほしい」ですかね。がっつり負ける自信があります。
ぽた

各ギャンブルの年間利用者数を発表

各ギャンブルの年間利用者数を発表

各ギャンブルの年間利用者数は以下の通りです。(ソースがはっきりしないギャンブルは抜いています)

各ギャンブルの年間利用者数

(参考サイト様一覧:宝くじ公式サイト様スポーツ報知様ITmediaビジネスONLINE様WEB GREEN BELT様当ブログの調査結果)

競馬、競輪、宝くじなど「公営ギャンブル」人口が多い

競馬は年間1億7810万人、競輪は年間7424万人、宝くじは4422万人が参加しています。

ちなみに、上記はすべて「公営ギャンブル」ですね。

公営ギャンブルは、ばんばん広告を打っているため知名度が高いです。CMにも、有名人や芸能人を使っているからかイメージもいいですよね。

宝くじのテレビCM

多くの人が、安心して参加するのも頷けます。

パチンコ、パチスロなど「民間ギャンブル」は人口が少ない

一方、パチンコ、パチスロの年間利用者数は1351万人です。

公営ギャンブルに比べると、民間ギャンブルの年間利用者数は、だいぶ少ないです。

おそらく、理由は以下2点かなと。

ポイント

  • イメージの悪さ
  • 警察庁による出玉規制

イメージの悪さ

宝くじ、競馬、競輪などの「公営ギャンブル」に比べて、パチンコ、パチスロなどの「民間ギャンブル」のイメージってどうですかね?

おそらく、ほとんどの人が「民間ギャンブルのほうがイメージが悪い」と答えるのではないでしょうか。

僕も同意見です。民間ギャンブルのほうがイメージが悪いですね。

実際に、パチンコ、パチスロは「三点方式」で換金しており、人によってはグレーなイメージもあると思います。

警察庁による出玉規制

パチンコ、パチスロは、警察庁から締め付けられています。

具体的には、出玉が規制されるようになり、以前に比べて出なくなりました。

当然、利用者数は激減。閉店するホールも増えています。

パチンコ店舗数予測グラフ(画像参照元 矢野経済研究所)

さすがに締め付けすぎたのか、徐々に規制も緩めているようですが、もっと緩めないと劇的に増えることはないかと。

オンラインカジノはもっと少ない【海外では公営ギャンブル】

オンラインカジノの年間利用者数は200万人です。

日本では、公営ギャンブルでも民間ギャンブルでもなく、「グレーゾーン」と言われていますね。

なぜなら、オンラインカジノに関する法律がないからです。

民間ギャンブルよりもイメージが悪い

オンラインカジノは、民間ギャンブルよりもイメージが悪いのではないでしょうか。

実際、パチンコ、パチスロユーザーでも、オンラインカジノ否定派は少なくないです。

そもそも、「カジノ」という言葉に拒否反応を示す人もいますよね。

とはいえ海外では公営ギャンブル

とはいえ、オンラインカジノは海外では公営ギャンブルです。

当たり前ですが、政府の許可を得て運営しているからです。

海外では、オンラインカジノはメジャーで、サミットも開催されています。駅や空港に広告を出している国もありますよ。

海外だと、オンラインカジノは、宝くじや競馬と同じようなギャンブルです。
ぽた

イメージが良いギャンブルほど還元率が低い矛盾

イメージが良いギャンブルほど還元率が低い矛盾

ということで、イメージが良いギャンブルほど利用者が多いのですが還元率が低いです。

公営ギャンブルは勝てない、、、

実際、公営ギャンブルは勝てません。

僕は子供の頃から競馬が好きです。小学4年の時にタビスタを買い、そこからどっぷりハマった感じです。もちろん、未成年なので馬券は買えませんでしたが、、、。

ただ、馬券を買うようになっても、まあ勝てませんね。もはや、勝てなさすぎて「競馬はお金を払って楽しむモノ」とまで思うようになりました。

JRAには、がっつり寄付しています。ザ・養分です。
ぽた

「確率ゲー」のギャンブルがいい感じ

一方、パチスロ、オンラインカジノはいい感じです。

はっきり言いますが、公営ギャンブルより、あきらかに甘いです。

ということで、僕はこれからも「確率ゲー」のギャンブルにコミットします。公営ギャンブルは、怪我したくないので遊び程度にします。

どっちを選びますか?

みなさんなら、「イメージは良いけど還元率が低いギャンブル」、「イメージは悪いけど還元率が高いギャンブル」どっちを選びますかね?

人それぞれ、重視するポイントが違うと思うので、どっちでもいいと思います。

ちなみに、僕は後者ですね。大負けしたら、楽しむどころではないので。

まとめ

ギャンブルにおける還元率とは、賭けに対して払い戻される額の割合のことです。

一方、控除率(ハウスエッジ)とは、賭けに対して運営側の儲けになる割合のこと。セットで使われることもあるので、一応覚えておくといいかもしれません。

還元率が一番低いギャンブルが宝くじ。還元率が一番高いギャンブルがオンラインカジノです。

公営ギャンブルほど還元率が低く、民間ギャンブルやグレーなギャンブルほど、還元率が高いです。

ということで、ギャンブル選びの参考にしてもらえると幸いです。

-ギャンブル

© 2022 カジ通 Powered by AFFINGER5